2019年03月25日

学校訪問

川西店 斎藤です。

1月3日に高校の同窓会がありましたが、3月30日には中学校の同窓会があります。

それに先立ち、学校訪問というのがあったので、45年ぶりに出身中学に行ってきました。


48年前、1つの中学が3つに分かれ、新設校2校のうちの1校に入学しました、が、

まだ校舎がなく、入学式は卒業した小学校の講堂、教室はすべてプレハブで1年を過ごしました。

1年後、真新しい校舎に。コンクリート打ちっぱなしの壁、らせん階段を上がったところにピロティ、その上に

宙にうかぶように図書室があり、階段室があり、と、当時としてはまだ新しい、時代を先取りした校舎でした。

が、月日は流れ、2年前に耐震工事をし、ピロティ、図書室がなくなっていました。外壁も色をぬり、当時の特徴が

なくなって、特に校門からの風景が変わってしまって、さびしい限りです。

それでも教室や廊下やと見てまわってるうちに、そういえばこんなだったなあと懐かしく思いだすこともあり、

また古い掃除道具入れや、はげた天井などを見ると、長い長い月日が過ぎたことを思い知らされて…

部活に来ていた中学生を見て、本当に私もあんなだったのだろうか、と思ったり。

くたびれた教室のあちこちと同様に、こちらもくたびれているのだろうな、と思ったり

それでも同級生と臨海学校や修学旅行の話、小学校の林間学校、修学旅行の話までにも思い出話に花がさき、

一瞬当時にもどったよう気も

ただ、私の通っていた高校は何年も前にきれいに建て替えられ、大学は移転し、小学校も最近建て替えられたと聞き、

今現在、自分が通っていた校舎が、そのまま残っているのは中学校だけ。

当時の面影が残る学校にもう一度行けたことはありがたいこと。計画してくれた幹事さんたちに感謝


中学入学当時、まだ制服がなかったこと(制服着用は夏服からだったそう)、修学旅行(信州)の帰り、

新幹線に乗ったこと、卒業式のときに新しくできた校歌を聞いていたことなどはすっかり記憶から消えていました

入学式は、ついこのあいだ卒業式をした小学校で、私服で参加していたなんて ね。


あちこちなつかしい教室を案内してくださった先生のおかげで、なんだかんだ楽しい時間を過ごせました。

まだ夢も希望も、不安もいっぱいあった時代のことを思い出して、またがんばろうと思います。




posted by すずらん薬局 at 14:26| Comment(0) | すずらん薬局川西店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: