2019年09月25日

とってもかわいい猫なのに…

斎藤です。

我が家のおてんばがまた膀胱炎になりました

今年春、歩いているときに音が…爪を切らせない猫なので、伸びすぎた爪が、肉球に刺さっていました

病院に連れて行きましたが、大暴れ、結局麻酔をかけて、1日がかりで処置をしてもらいました。

その時、どこから出てるのかと思うような悪魔のような、唸り声を、家に帰ってからも出していましたが。

そして今回、新聞紙などの上で、おしっこのポーズ、でもしずく程度にしか出ていない。

金曜日の夜気がついて、土曜日朝連れて行こうとしたら あの悪魔のような唸り声で攻撃され、これでは治療も無理かと諦めたんですが…

昼過ぎ、ケージに入れることができたので、連休前でもあり、診てもらうことに

が、病院でまた大暴れ、先生には、麻酔をかけないと何もできないのに、何で朝連れてこなかったと怒られるし、猫は心配だし、で泣きたい気分、というか、泣いてしまった

でもまあ詳しい検査はできなかったものの、鎮静かけて、膀胱におしっこがたまっていないことは確認してもらい、膀胱炎だろうということで注射を打ってもらい治療終了

鎮静がとけるまで病院で待機、スタッフさんたちが、起きて、とつんつんしてもとろんとしていたのが、先生が入ってきたとたん、目を見開き、しゃきっと立ち、無事帰宅できました。どんだけ先生に緊張してんねん。

今後病気をした時にどうしようか、悩みます今回も診療拒否されるかもと思いながら連れて行ったのですが。

普段はかわいい猫なんですが。診察がいやなら、病気しないでほしいです。
DVC00013.JPG



さて我が家には猫以外にも、玄関先(ベランダなどにも)にクモが同居。基本、支障のないところの巣は払わないのですが、数か月夫婦(?)が住み着いています。

先日の台風のときは姿が見えなかったのですが、巣は全く問題なし。次の日には帰ってきてました。
DV2019.9.jpg


posted by すずらん薬局 at 09:15| Comment(0) | すずらん薬局川西店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: